ウィキペディアン招聘制度

From Outreach Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikipedian in Residence and the translation is 100% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Frysk • ‎Nederlands • ‎català • ‎español • ‎euskara • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎suomi • ‎Ελληνικά • ‎македонски • ‎русский • ‎العربية • ‎中文 • ‎日本語
Shortcut:
WIR
A diagram of a typical relationships developed by a Wikipedian in Residence

招聘ウィキペディアンあるいは招聘ウィキメディアンまたはウィキペディアン (ウィキメディアン) ・イン・レジデンス(WiR) とは、特定の組織に在籍して活動するウィキメディア利用者のことです。通常、所属団体やウィキメディア国別協会から報酬を受ける場合が多いですが、ボランティアで働く場合もあります。招聘ウィキペディアンの役割はただ組織に所属する編集者というのみにとどまらず、百科事典およびそのコミュニティと所属組織との間の生産的な関係を構築し、招聘期間の終了後もその関係を良好に保つことが本質的な役割であるとされます。招聘ウィキペディアンというモデルは、当初はGLAMイニシアチブから試行が始まったものですが、それ以降さまざまな種類の組織にも拡大しつつあります。

そちらの機関に招聘制度が適用できるか検討してみませんか ? 事例研究が参照できますし、下記を参考にしてください。

招聘ウィキペディアンの主な特質

  • 連絡員として招聘機関とウィキメディアのコミュニティを取り持ち、相互に有効な協力関係を促す。
  • 理解を広めるため、招聘機関の職員を対象にウィキメディアの運動をテーマとするワークショップやイベントを開く。
  • 招聘機関の職員と共同でウィキメディアのコミュニティと共有するリソースのデジタル化とコンパイル、体系化を進める。
  • ウィキメディアのコミュニティがコンテンツの質を向上しやすくすることを目標の中心にして、直接、記事の編集に着手することは優先しない。
  • イベントの調整役としてハッカソンやエディタソンを主催し、あるいはバックステージ・パスという企画を進め、ウィキペディアンを財団職員と共に現地 (訳注: GLAM 機関など) へ派遣してコンテンツ作成と質の向上を図る。
  • 招聘機関の公認により、機関の職員と緊密に連携しさまざまな事業を行う。
  • 究極の目的は、この制度を介してウィキメディアのコミュニティと招聘機関が提携関係を長く保つこと。

招聘制度の該当する事業

下記の例にある通り、実に多様で幅の広い活動を行なっています。

  • コンテンツの向上を図り、学芸員やキュレーターとウィキメディアのコミュニティを連携
  • 画像やマルチメディア素材の寄贈を仲介
  • 見学やイベントの開催 (例: ウィキペディアン対象の「バックステージ・パス」)
  • クイズやレースを開催、記事の向上を呼びかける
  • ウィキペディアの方針やガイドライン、価値観等を教える。
  • 姉妹プロジェクトも対象とする (ウィキメディアのコモンズ、ウィキソース、ウィキボヤージュ等)

招聘制度を設定するには

ウィキペディアン招聘制度の形態もタイプも様々で、ウィキメディア運動の中でもそれぞれのコミュニティや提携組織で選ぶ実施方法は多岐にわたります。ウィキメディアにおけるウィキペディアン招聘制度の「設定方法」の詳細の説明文書について。ウィキメディア財団では通例の手順について説明文書Creating a Wikimedian in Residence Position をご用意しています。

よい募集要項の例

2011年7月時点の統計による図解
招聘期間
  • 常勤➖ごく短期間 (5週間・大英博物館)
  • 常勤➖長期間 (6ヶ月・ベルサイユ宮殿、18ヶ月・エジンバラ大学)
  • 非常勤➖長期間 (1年・インディアナポリス子供博物館)
  • 正規採用の非常勤 (3-4年以上・ウィーン - オーストリア記念物局 w:en:Federal Monuments Office)
報酬・給与
  • 完全に無給 (例: 大英博物館プロジェクト、オーストリア記念物局)
  • 単位取得 (例: インディアナポリス子供博物館プロジェクト、当初の3ヶ月)
  • 俸給/奨学金 (例: ベルサイユ宮殿)
  • 有給のインターン待遇 (例: 初期のアメリカ国立公文書記録管理局 NARA プロジェクト)
  • 契約職員待遇 (例: インディアナポリス子供博物館、2年目)
  • 正規職員待遇 (例: National Archive 常勤招聘ウィキメディアン、エジンバラ大学のウィキペディアン招聘制度)
求人の方法
  • 公式の採用手続きによる公開の求人 (例: NARA) [必要に応じて採用部門に取材し支部を追加か]。
  • 求人案件として当該のウィキメディア支部・国別協会に委託 (例: ベルサイユ宮殿プロジェクト)
  • 非公式の採用活動として既存の SMS の連絡先を介した (例: インディアナポリス美術館)
  • ウィキペディアの当該分野のコミュニティからリーダーを探した (例: イスラエル博物館)
  • ウィキペディアやウィキメディア利用者から招聘機関宛の自薦を受けた (例: 大英博物館、オーストリア記念物局)

招聘制度のレジデンス名簿

報告

個別の招聘制度の詳細

他のウィキで実施する制度

下記のような招聘ウィキペディアン制度を採用するウィキがあります。

参考資料